米国内トイザらス735店舗閉鎖へ

米国玩具小売最大手のトイザらスが3月15日米国内の735店舗を閉鎖すると発表

米国の玩具小売最大手のトイザらスは
このところ5年連続の減収に見舞われ、事務状況が悪化していた。
最終的に再建の引き受け手が見つからずこのような経緯に至った。日本国内のトイザらスは経営を続行する。
米トイザらス破産が「直接日本トイザらスへ影響することはない」として今後に注目される。

なぜ米国トイザらスが全店閉店することになったのか

その原因としては現代のネットビジネスを牽引するアマゾンとの競争に対応ができなかったことである。
これは決して米国トイザらスだけの問題ではない。これから消費者の変化により早く企業経営者の意思決定が企業の将来を大きく左右することは間違いないだろう。

今後の方向性

米国内の735店舗を閉鎖することで約3万人が職を失う可能性があるほかトイザらスに関係する納品業者への影響も懸念される。今後アメリカ国内のすべての事業を清算し、全店舗を閉店するべく動いている。

おわりに

ネットショップの台頭により今後も影響してくる企業も少なくないはずだ
今後拡大するネットショップ利用に対し顧客のニーズに合わせた企業の対応が不可欠であるのは言うまでもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です